Brace
体幹装具 軟性

椎間板ヘルニアや圧迫骨折などの時、腹圧を高め脊椎を支持したり、脊椎の可動域を制限するために使用します。
写真は、メッシュ生地製ですが、他にプラスチック製の硬性や、この両者を合わせた半硬性があります。
足底装具 敷革式と足袋式
足に関する疾患に対して使用します。
右の写真は、変形性膝関節症のためのもので、外側が内側より1cm高くなっています。
靴の中敷きにして使用するタイプ(敷革式)と室内用に使用するタイプ(足袋式)があります。
下肢装具 PTB式
下腿部(膝から下)の骨折時に骨折部位の固定と、 骨折部位にかかる力を軽減させ歩行できるようにするために使用するものです。
下肢装具 TIRR式
麻痺による尖足や、下垂足用に使用します。
装具により、つま先を持ち上げるので、歩行時につま先のひっかかりが減り、歩きやすくなります。
他に、足継手がついたタイプもあります。
骨盤帯付両長下肢装具
脳性麻痺の立位訓練に用いられている装具。
股継手を使用し正しい直立姿勢を伸展位にコントロールすることができる。